EnMugi’s diary

週末ライダーの独り言

準備その2

画像には Exif というのが埋め込まれていて、それを jpgMAP というフリーソフトで読み込ませることで、どこで撮った画像であるかを思い出す。

という手はずであった。

このソフトを使用する目的は、上にも書いたんだけど、のちのちブログの記事を作成する際に、「この画像・・・いつ、どこでとったんだっけ・・?」

という場合の、芋づる式の記憶の引き出しのために使うのである。

 

今日の準備で紹介するのは ExifEraser というフリーソフト

このソフトは、画像に埋め込まれた Exif データを削除するというもの。

画像に埋め込まれたデータは別に読み取られても構わないのだが、うっかりお見せしたくない情報というものもあるので、こいつで Exif を削除してから、お目当ての画像をアップしようというもの。

 

順番としては、

1. jpgMAPでどこで撮った画像が思い出し

2. ネタを思い出したら Exif を消してからアップする

 

こんな具合なのである。