EnMugi’s diary

週末ライダーの独り言

250ccバイク【HONDA】その2

まずは、前説から・・・

 

250ccがアツい!…らしいっ!

 

バイク歴1年ちょっとで、雰囲気だけで250ccのイメージをこれから語ろーというのであります。

スペックはイチイチ調べてちゃんと書くなんて気の利いたことはしません。

すべて自分が雑誌やらyoutubeやら公式HPやらで見た感覚的な感想です。

 

 

 【HONDA】 The Power of dreams 「バイクが、好きだ。」 その2

 

CBR250RR

2017年に発売した250ccカウルバイクの中では最高スペックバイク。

HONDAの最高スペック主義を体現したバイク。

数字は絶対負けません。

明らかに、「あのバイクにだけはわずか1でも必ず上回ってみせます」

「0.1でも上回ればいいんです、最強・最高・最速の称号は得られるんですから」

という理念なのかどうなのか、

ホンダお得意(らしい)の、最後も最後の、後出し&他メーカーのいいとこ取りで、よさげなシステムをちょいちょいパクッて程よくかゆいところにも手を届かせるという気配りも備えたうえでの、クラス最高スペック仕様として、世に送り出したバイク。(GSX250Rとほぼ同時期?(調べるのは割愛)、でも、SUZUKIは明らかにスペック至上で出してないから、スペック争いとしては、HONDAのこのバイクが最後の後出しですね)

 

あちらこちらで絶賛されてるみたいだけど、私はたぶんこのバイク好きになれないなぁ、と思うのです。

どうしてかって?

ホンダがスペック至上で出したバイクって機械の道具面が強すぎる気がするんですよね、ただでさえ合理的な機械造りのホンダなのに、増々メカメカしくなってしまう訳ですよ。メカメカしいというのは悪い方で道具道具しているってことです。

よく言えば機能美。

でもなんか、味気ないんですよね。

スペックだけ強化したものって。

ホンダのバイクは細部も道具としての使いやすさがすごくしっかり作り込まれてると思います。スペック至上主義の人は「あんなところをチープにしやがって」みたいなことをネットで喚いてる人をたまに見ますが、乗ってみるとわかりますけど、ホンダのバイクはいらないところは本当にスパっっと思い切りよくそぎ落としてる分、道具としてあるべき部分の完成度にすごく力を入れてると思います。

多分整備性(自分じゃやらないですけど)も悪いという話も聞かないですし(整備性を殺さずにデザインするのって結構大変だと思う)。

細部のスイッチ類一つ一つをとっても、かなりしっかり造りこんである気がします。

なんかイチイチ作りがしっかりしてる。

でも、趣味性のものってそこに何かを求めて100%決め手になるかっていうと、そこはメインじゃないです…。

CB400SFも乗りましたが、あれは最高です。

でも…、乗るのがきつくなったんです。

なんなんでしょうね、理由はわかりません。

 SFは超憧れのバイクでしたので新車で買ったのに、速攻手放してしまいました。

納車時のあのふるえる感動はいまだに忘れられませんし、信号待ちとかでSFが近くに停車すると、ノーマルマフラーでもあの音は色っぽくてタマランデス

そして誰が見ても、どこの景色にもとけこめる、バイクです!っていう形をしたバイク。

毎週、土曜日日曜日祝日と、乗れる日は毎日狂ったように乗りました。

何気に教習所のSFはマフラー規制の年代の関係か、ノーマルなのにすごくいい音してます。

 

なのになぜか途中で乗るのがつらくなってしまったんですよねえ、飽きやすいバイクとは言われてますけど、飽きた訳ではないですよ、まだまだ楽しみ方はたくさんあったはずです。

ただ、なんか、乗っててきついんですよねアレ。

あの感動と、途中でつらくなった落差がトラウマのように残ってるので、きっとこのバイクもそうなんだろうなぁと思うのです。

完成度=相棒、という方程式は成り立たんようです。

 

多分ですけどスペックが凄くても常に後出しではフロンティアスピリッツ的なものがないんでしょうね、感覚の乗り物とはバイク屋の店員さんがよく言ったもので、そういうものの何かが感性に伝わってくるのかな?、うーん、説明はできないなあ。

 

いい例としてHONDAはかなりフロンティア作品(ニュージャンル)を編み出してて、NCシリーズとかは、その最右翼じゃないですかね、結果、めちゃくちゃ支持があるじゃないですか。批判も多いみたいなこと聞きますが、そりゃ、売れてりゃ批判も多い訳で、更にそれがニュージャンルなら保守的な人には尚更鼻につくってもんですよ。

 

いろいろ書きましたけどHONDAのスペック至上主義で後出しで出すバイクは、私はあんまり反りが合わないってだけのことを、延々と書いただけの話でした。

人によって全然感じ方は違うのであって、私はそう感じるってだけです。

貴方の好きなバイクを批判したりなんかしません。

みんな自分のバイクを少なからず愛してるわけですから、その関係を崩したくて愉快犯で言ってるんじゃなくって、自分には合わない、って話ですよ!(念押し)

すぐ、誰誰が言ってた~とか書いてあった~、とかをリライトして批判文章に成り立たせる人が多いから困ります(その前に視聴者は誰もいない…、たんなる被害者妄想か自意識過剰の類である)。

 

もとい、

CBR1000RRとかでしたら、完全に乗りたいでしょ(笑)

ホンダのバイクが最強というのは一般論的には揺るがない訳でしょうし、新しい1000RRはいろいろ突き抜けててすごそうですね(お値段も)。

SSは買えるお金も維持できるお金もないし、あっても今度は腕がないときたもんなので、試乗会とか近くでやってたら、乗ってみたいなぁ、という完全に雲の上のバイクなのであります。

 

続く。