EnMugi’s diary

週末ライダーの独り言

YAMAHA チャレンジツーリング 使い心地

YAMAHAのアプリでREVというのがある。

簡単に言うとスタンプラリーなんだけど、行き場所ネタに足りないときや、ただひたすら走り倒したいときは、そこそこ使える。

 

スタンプラリーのスタート方法

YAMAHAのホームページから申込用紙をプリントアウトして記入する

・アプリをiphoneスマホにREVをインストール

・記入した申込用紙を近くのYSPへ持ち込んでエントリー(YAMAHAユーザーだと500円、他社ユーザーだと1,000円でエントリー)

 

利用方法

・アプリを起動する。

・行きたいところをチェックする。

・地図アプリで開くを選択する。

・あとはアプリにナビをさせるか、ナビに場所をセットする。

・到着したらスタンプを押してポイントゲット

・ポイント100ごとにカードが引けるので、指定のカードが引けるまでポイントをゲットしながら引く(カードが目的じゃないのでほとんどやってない)

・ナビに場所をセットするときは、GoogleMapだと座標表示してくれるので便利。

 ナビは住所や施設名だとiphoneやスマフォのアプリに負ける。

 何が負けるって、ちっとも目的地をセットできないから。

 直感的にすぐ答えをリストアップしてクリックするだけでナビモードに入れるアプリのもはや足元にも及ばない性能。

 ただし、防塵・防震・防水を気にするなら、高いけど断然ナビ。

 ナビは座標入力を利用すれば、ヒットしない住所や施設名なんかでセットするまでに時間をとられずとっても便利です。(REVからGoogleMAPを開くと、何故か勝手に座標表示も出してくれるのでとても便利です)

・ヴァージョンアップで改良された良い点として、地図画面と行ったことのある履歴地図があるんだけど、これまでは履歴地図からクリックしてもmapアプリで開くことができなくて、履歴地図で行ったことのない場所を見て、通常地図画面に戻ってからそのチェックした場所を探そうとしても探せなくて苦労することが多かった。

しかし、今回の改良で履歴地図からmapアプリが開けるようになったので、より直感的にツーリング先のネタとして行ったことのない場所を選びやすくなった。

 

使い心地

・使い心地はいいけど、リストされてる場所が結構きつい。

スタンプ集めで片っ端から行こうとすると、デュアルパーパスやオフロード系、もしくは軽量バイクじゃないときつい。

 どうしてかというと、行き場所がかなりロードバイク向けじゃないところが多い。

 いきなり砂利道の平坦地がないところでUターンもままならない狭いところで到着とか、入場料必須の場所もある。(軽く景色を眺めたいだけの目的の場合は、有料は楽しめないから、到着した意味がない)

 

まとめ

・あくまで行きたいところのリストのネタとして利用したほうがいいと思う。

・性格的に押してないスタンプがあると行きたくなっちゃう人もいるだろうけど、そのやり方だとたぶん楽しめないと思う。メガスポーツ系で行ったら絶対出てこれなさそうなところとか平気でポイントとして表示されている。

・REVで場所を確認して、行ってみるか検討してからスタートしたほうがいいですね。